ダイエット停滞期に体重が減らない理由

ダイエット停滞期に体重が減らない理由

ダイエット停滞期に体重が減らない理由を教えます!

ダイエットをし始めて順調に体重が減少していくと、ある時点でその減少がピタリとやんでしまう時期が来ます。

この時期を「ダイエットの停滞期」と呼びます。

多くの人は、この停滞期に入ると、食べる量を減らしたり運動をしている割には体重が減らないので、ダイエットの効果を感じることができなくなり、ダイエットを継続することをやめてしまいます。

そして、様々な誘惑に負けてしまいダイエット前の暴飲暴食な生活に戻ってしまいます。

でも、ダイエット停滞期に体重が減らない理由がちゃんとあることを知れば、それに応じた対応ができるはずです。

だから、あなたがまずするべきことは、「なぜ、ダイエット停滞期に体重の減少が止まってしまうのか?」という疑問の答えを明確に知ることなんです。

停滞期に体重の減少が止まってしまうには、身体にとってちゃんとした理由があるからなのです。

人間の身体にとって、体重が減るということは飢餓状態ということになります。

つまり、ダイエット中、あなたの身体は飢餓状態と感じているのです。

この飢餓状態を乗り切るために、あなたの身体は代謝を落としてエネルギー吸収率を上げることで体重を一定に保とうとします。

ダイエットをすることによって極端に摂取エネルギーが減少すると、人間は消費エネルギーを抑えたり、少ない栄養でも吸収率をアップさせ、身体を省エネ化する自己防衛化反応が働くということです。

つまり、少ない量のエネルギー消費で一定の体重を保とうとする働きが出てくるので、消費エネルギーも増えません。自動車でいったらエコカーのようなものです。

たまに、山で遭難して何日も食べ物がなくて飢餓状態に陥っていた人が奇跡的に助かったという報道がニュースでされることがありますが、この時も山で遭難した人の身体はエネルギー消費が少ない省エネ状態だったと言えます。

省エネ体質になり、エネルギー消費も少ないので、体重の減少もストップします。

ただし、この体重の減少のストップはあなたの身体にとって必要だからストップしているのです。

だから、ダイエットの効果が出ないと思うのではなく、この停滞期の体重が自分の健康にとってベストな体重なんだと考えるようにしましょう。

そして、この停滞期の体重を何日も維持することによって、徐々に身体は今の体重に慣れてきます。

慣れてくれば、省エネ状態を維持しなくなります。そして、また、そこから少しずつ体重が落ちてくるかもしれません。

しかし、多くの人はダイエット停滞期の理由を知らないので、効果を感じなくなり、元の暴飲暴食生活に戻ってしまいます。

この停滞期の省エネ状態で元の暴飲暴食生活に戻ってしまうとどんなことが起こるのか・・・?

それは、あなたも経験があることでしょう。

リバウンドという現象が起こってしまうのです・・・。


ニューズウィーク日本語版の定期購読 ニューズウィークの定期購読なら1冊280円で買える

高層マンション 水サーバーの宅配